HOME < 遊びセックス < 女性をイカせてなんぼ

男なら女性をイカせてなんぼ?

自分のことをしっかりイカせてくれる男性というのは女性にとって「いい男」の条件です。だから男性はベッドの上でとっても頑張ってくれるのですが、実際にはそう簡単にはいきません。なぜ女性は男性と違ってイキにくいのか、イカせるためにはどうしたらいいのかを真剣に考えてみましょう。

◆女は男よりも感じやすい

女はイキにくい、そう思っている人は多いことでしょう。実は、性感に関して言えば女性は男性よりも数倍強いと言われています。実際に研究されて報告されたところによると、「女は男の8倍以上感じる」とのことです。確かに、乳首やクリトリスなど性感帯を攻めれば大きな声を出して感じてくれますよね。男ではそこまで気持ちよさそうにはなれないでしょう。個人差もありますが、平均して女性は男性よりも感じやすい、そのことは覚えておいて損はないでしょう。

◆感じやすいのにイキにくい理由

では、感じやすいのになぜイカせるのが大変なのでしょうか?男ならばあれだけ感じることができればすぐに射精してしまうはずですよね。しかし「イッタ経験がない」という女性は本当に多いです。あるアンケートでは女性のうち6割近くがオーガズムに達したことがないとのことでした。 何とも不思議な話ですが、ある性研究の中にヒントが隠されていました。女性と男性、それぞれの性感の高まり具合を調べてグラフにするという調査が行われました。これによると、男性は刺激を得てから射精まではほぼ一直線に性感が高まるということがわかっています。一方女性は性感帯を愛撫されてすぐに性感が高まり、その後はある程度の高まりを維持していくつかの山と谷を経てオーガズムに達することがわかったのです。 この研究から推測するに、男性はイクまでのメカニズムが非常に単純であり、女性はその逆で最初から性感が高い分だけオーガズムに達しにくいということが考えられます。また、男性の平均挿入時間は7分程度と言われています。大きな波を繰り返し長時間かけてやっとイクことができる女性からしたら、全く足りないといえるのではないでしょうか。それぞれの性差によって女性はオーガズムから遠ざかっているのかもしれません。

◆じっくり時間をかけたセックスを

以上のことから、女性をイカせようと思ったら男性は時間をかけてセックスすることが必要になることがわかるでしょう。特に愛撫にしっかりと時間をかけ、挿入してからも中折れなどせずにピストンをし続けられる精力・体力が求められます。 最近は若くしてEDになる人もいるといいます。アルコールが入ると勃ちが悪くなるという人もたくさんいます。意中の女性を口説き落としたそのチャンスを逃さないためにも、ED治療薬であるバイアグラの服用や日頃からの体力づくりなどには気を使っておきたいものですね。女性をイカせるイケてる男性になるために頑張りましょう。ただし、薬の効果を発揮させるためには服用のタイミングや食事などいくつか注意するポイントがあります。病院で処方を受けるときに、しっかり説明を受けるようにしてくださいね。