HOME < モテ男のデート術

今夜はキメたい、そんな日は?

今夜こそは、女性とホテルへ行きたい。付き合っている、いないにかかわらず2人きりでデートをする関係の女性が相手ならば、今日こそはという日もあるはず。そんな日のデートは、やはり女性をその気にさせるような雰囲気づくりが大事です。

◆勝負をかけたい日のデートは夕方から

今夜こそは勝負をかけたい、という日のデートは短期決戦で臨みましょう。ホテルへの誘いやすい、ということもありますが、やはり夜の方が同じデートスポットでもロマンチックな雰囲気になりやすいです。ムードを盛り上げてそのままホテルへ、と考えるのであれば夕方以降、辺りが暗くなってくる頃に待ち合わせをするようにしましょう。

そして食事は普段より少しグレードの高い店をチョイスするのがおすすめ。特別感を演出し、女性にも「今日はなにか違う」ということを察知してもらえればなおいいですね。飛び込みで入って満席、なんてことにならないよう、予約は必ずしておきましょう。ただ気を付けたいのが、いくらグレードの高い店でもドレスコードがあるほどの店はNG。女性の方は今日どんな店に行くのか知らないのですから、予約をしていても服装で入店を断られる可能性もあります。せっかく気合を入れても、店に入れないのでは雰囲気は台無し。普段のカジュアルな服装でも楽しめるような店であることも、しっかりチェックしておきましょう。

◆食事がすんだら定番の夜景スポットへ

食事がすんだら即ホテルへ、というのも女性によってはアリでしょう。ですが初めてホテルへ誘うなら、一度場所を変えて休憩をとるのがおすすめ。定番ですが夜景がきれいなデートスポットや季節的にあるならばイルミネーションがきれいな場所など、雰囲気がいい場所に連れて行ってみましょう。そのなかならば、きっと女性もホテルへ行くことをOKしてくれるはずです。

そしてホテルへ誘う予定なら、そのスポット周辺のホテルについて調べておくことも忘れないようにしましょう。せっかくOKをもらったのにホテルの場所が分からずあたふたしては、盛り上がったムードも冷めてしまいます。ホテルまでスマートにエスコートができるよう、最後まで気を抜かないかないことも大事。

さらに初めての相手とセックスをする場合、緊張などから男性自身が反応しないこともあるそうです。とくに過去、ベッドのなかで女性から辛辣なことをいわれたことがあったり、初めての相手とセックスするときに同じように反応しないことがあったという人は要注意。精神的にストレスがかかって、一時的にEDのような状態になることも多いそうです。

そのため、緊張しやすいタイプの人や、過去に同じような失敗をしたことがある場合はお守り代わりにバイアグラなどのED治療薬を持っておくこともおすすめ。実際に行為をする1時間ほど前に服用すればOKなので、ギリギリになって反応しないなんてことがあっても安心ですね。もしダメでもバイアグラがある、という安心感で多少の緊張もほぐれるはずです。バイアグラはED治療を行っているようなメンズクリニックで1錠から処方してもらえます。10分ほどの問診ですみますので、不安なようであればぜひ足を運んでみましょう。

どんなに年齢を重ねても、初めて女性と関係を持つというのは緊張するものです。でも男性ならば、その緊張を表に出さないようにするのが大事。ベッドのなかでの仕草ひとつで、一気に女性が冷めてしまうこともあるのです。デートでたっぷり雰囲気を盛り上げて、そのままのムードで成功させられるよう頑張ってみましょう。