HOME < 女の不幸 < やり逃げ男は恨まれる

やり逃げ男は恨まれる

やり逃げ男は恨まれる
好みの女性と体の関係を持ちたいと思うのは、男性の健康的な反応ではないでしょうか。

しかし、相手の女性の気持ちを無視してセックスに持ち込んでしまうのは、褒められた行為ではありません。

まして、関係を持った途端に手のひらを返すような態度を取れば、女性から恨まれても仕方ないでしょう。


◆円満な別れを心掛けましょう

円満な別れ 女性と関係を持つことが最初の大きな目的である男性は、きっと少なくないのではないでしょうか?手を繋ぎ、キスをして、セックスに持ち込む。そこまでの過程を楽しむ男性も世の中には存在するのだと聞きます。

実際、関係を持つまでは紳士的で優しく、自分に尽くしてくれていたのに、いざセックスをしてからは態度が急変した男性に出会ったことがあります。女性は、セックスしたのは「彼を好きだから」だと自分に言い訳したいものです。ところが関係を持った途端、くるっと背を向けてしまうような態度を取られれば、女性の多くは困惑するでしょう。

私が出会った男性は、女心のとてもよくわかる人でした。お付き合いすることになり、「これから恋人として楽しいことがたくさんあるのだろう」思っていたのです。ところがセックスをした途端、それまであったメールがぱったりと無くなり、電話も通じなくなったときは何が起きたのかわかりませんでした。きっと彼にとって、私と恋人になることではなく、セックスすることが最終目的だったのでしょう。その後、彼とは会うことはありませんでした。

もしも関係を持ちたいだけなのなら、間違っても色恋沙汰にしないでください。もちろん、体だけが目的なんだとは言いづらいでしょう。しかし、「好きなんだ」とか「付き合ってほしい」といえば体を許してくれるだろうという安直な考えは、後々女性の心を傷つけます。女性はもう恋人のつもりでいるかもしれません。そんな時は上手に別れるまでを最終目的にしてもらいたいものです。

男は3回のセックスで本命の女を判断する?!

◆短期恋愛を繰り返す男性は恨まれやすい

そうはいっても、本人はやり逃げしているつもりがない場合もあります。付き合ってみたけれどやはり合わない気がする、そういって別れを切り出したことはありませんか?本人は本気だったとしても、女性はそうは受け取ってくれないものです。ましてや、体の関係を持ってしまっていれば、それこそ「やり逃げされた」と思うでしょう。

ひと月ほどで別れを切り出し、次の恋を探すという恋愛サイクルを繰り返している男性はいないでしょうか。女性は男性より、セックスを軽んじていないことが多いようです。一線を越えることで心もぐんと近くなったと感じているでしょう。そのため、もしあなたが彼女に本気なのならば、欲望はできる限り抑えたほうが賢明です。すぐにセックスに持ちこまず、できるだけデートの回数を重ねたほうが好感度は高いでしょう。

それでも、セックスの後にやっぱり合わないと思うこともあるかもしれません。もしやり逃げされたと思わせないように別れるのなら、上手にフラれることが一番でしょう。自分を悪者にして、彼女に嫌われることが最も円満に別れられるコツではないでしょうか。

遊びのセックスにはそれなりのルールがあります。それを守らずに色恋を挟んでセックスに及んでしまえば、女性に恨まれても仕方ないのかもしれません。気持ちのない「好き」という言葉は、かえって女性を傷つけることになるのだということを忘れないでください。