HOME < 女の不幸

イベントサプライズ男は疲れる

イベントサプライズ男は疲れる
サプライズを仕掛けてくれる男性を素敵だと感じたことは何度もあります。

しかし、度が過ぎると面倒くさいと思われてしまうかもしれません。

押しつけがましいサプライズは、逆に彼女の気持ちを冷めさせる危険性があるでしょう。


◆恒例にしないほうが嬉しい

恒例にしないほうが嬉しい 女性の多くはサプライズで何かしてもらえると、嬉しいと感じるようです。私も、思ってもいなかったプレゼントをもらったり、内緒でパーティーを開いてもらったりして、喜んだ経験があります。

ただし、これは時々だからこそといえるかもしれません。誕生日や記念日の度にサプライズを考えるのは、男性も大変でしょうが女性のほうもうんざりしてしまう可能性があるのです。

たとえば、毎回全く違ったサプライズを用意していれば、新鮮に驚けるかもしれません。しかし、その都度違った演出を考えるのは至難の業でしょう。サプライズを仕掛けてもらった女性は、そんな男性の努力を無駄にしまいと、大げさに喜んだり驚いたりしているかもしれないのです。

実際、私はそのような経験をしました。以前交際していた男性の中に、誕生日やクリスマスは必ずレストランを予約してくれる男性がいました。ケーキを用意してくれており、プレゼントは必ずウェイターが持ってくる。食事の後はホテルで一泊。必ずこのパターンでした。最初はとても驚きましたが、恒例のため段々リアクションは薄くなってしまいます。しかし、ちゃんと驚かないと彼はとてもがっかりするので、大げさに喜ばねばなりませんでした。

クリスマスおすすめ宿泊プラン

◆相手の都合を考えないサプライズはNG

相手の喜ぶ顔が見たいというのがサプライズを仕掛ける最も大きな理由なのは間違いないでしょう。しかし、だからといって相手の都合を考えないのは迷惑以外のなにものでもありません。

残業で予約していたレストランに間に合わなかった、体調を崩しているのに無理に出かけるなど、事前に知らされていなかったためにうまくいかないこともあるでしょう。そこで「せっかくサプライズを用意していたのに」と彼女を責めてはいけません。相手を喜ばせることが一番ではなく、自分の計画を実行させることに重きを置けば、それは独りよがりなものになってしまいます。

大げさなサプライズもいいですが、たまには夕飯を作って待っている、冷蔵庫に好物を買って入れておくなど、日常生活の中でできる、ちょっとしたサプライズのほうが、意外に喜ばれるかもしれません。何よりも、相手のことを考えて行動することが大切です。

イベント事でのサプライズは一歩間違えば大失敗してしまう可能性があります。自分の計画を達成させるための演出は、喜んでもらえないかもしれません。相手が何をしてほしいかを知ることが、サプライズ成功の大切なポイントでしょう。