HOME < 遊びセックス < 空腹、満腹は落ちづらい

空腹、満腹は口説かれても落ちづらい

空腹、満腹は口説かれても落ちづらい
一夜限りの関係に罪悪感を持ちつつも、憧れている女性は意外と多いものです。
しかし、そうはいっても自分から誘える女性はごく少数でしょう。
多くの女性は口説かれて初めて落ちるものです。
その上手なタイミングを見極めることで、一夜のアバンチュールが叶うかもしれません。

◆三大欲求の中で性欲は一番弱い

三大欲求 一夜限りのラブロマンスを成功させるカギはいくつかありますが、一番大切なことは空腹時、満腹時を狙わないということです。人間にはさまざまな欲求があります。その中でも食欲と睡眠欲は最も大きな欲求といえるでしょう。生きてくためにはとても大切な欲求ですからね。

しかし、性欲は人間の場合、抑えることができます。お腹がすいている、とても眠い、セックスをしたいという欲求が同時にあったとしても、セックスを選ぶ女性はごくごく少数でしょう。そのため、空腹時や満腹時に女性を口説くのは、賢明とは言えません。

お腹が空いている状態ならば、まずはその欲求を満たすことが女性を落とすための第一歩でしょう。お酒を一緒に勧めるのも、良い効果をもたらしてくれるはずです。ここで注意すべきは、満腹も落ちづらいということ。お腹が満たされてしまうと、性欲も満たされた気になってしまうのだといいます。もしも満腹になってしまったようなら、少し時間を空けてから口説いたほうが良いでしょう。

◆口説きやすい時間を知っておく

空腹時を避けることが大切なのはわかっていただけたでしょうが、口説く時間も大切です。よく、レストランの後に居酒屋に行き、そのあとバーに連れていってくれる男性がいます。しかし、その頃には終電も近づいており、眠気が襲い始める時間帯ではないでしょうか。お酒が入っていると解放的にもなりますが、同時に睡眠欲を掻き立てる効果もあります。

時間があまり遅くなると、一夜の恋をしてもいいかなと思っていた相手でも、だんだんと面倒になってきてしまうもの。かといって、恋人でもない相手とホテルのベッドで朝まで過ごすのはまっぴらごめんです。

落とせそうだと思っていた女性が「終電だから」と姿を消してしまうのは、タイミングが遅すぎたためだと考えましょう。実際、性欲よりも睡眠欲を満たしたくなり、関係を持たないままそこを後にしたことが何度かあります。女性を口説くためには、食欲も睡眠欲もピークにならない時間帯がベストです。遅くても22時までには口説いたほうが成功率は上がるかもしれません。

一晩の関係に興味はあっても、自分から誘える女性はほとんどいないでしょう。しかし、一夜限りのアバンチュールを良しとしない女性でも、男性の押しの強さに負けて関係を持ってしまったという経験者は少なくありません。上手な口説き文句と、落ちやすい時間帯を狙えば、成功する可能性は上がるといえそうです。

男が最も口説きやすい「ロマンス探求型」女子とは?