HOME < 亜美にとって理想の男とは? <結婚についての考え方

結婚についての考え方

男女を問わず、ある程度の年齢になれば自然と結婚のことを意識するようになるでしょう。近年では晩婚化が進んだこともあり、「適齢期」なんて言葉は完全に死語になってしまいましたが、やはり結婚を意識するようになる年代というものはあるでしょう。

正直に言ってしまうと、私自信は結婚に対する憧れはありますが、具体的に結婚のことを考えることはあまりありませんでした。 近年では私と同じような感覚を持っている若い女性が多くなってきているようです。

そこで、ここでは私なりの結婚への考え方について少しだけお話ししてみたいと思います。

◆恋愛=結婚ではない?

かつては20代後半での恋愛となれば、それが結婚に直結しているといった考え方が一般的でした。確かに、経済的にも安定してくる頃ですし、結婚をするにしても悪い時期ではないでしょう。

しかし、だからと言って近年では恋愛がはじまった段階から結婚をことを意識する女性は少なくなってきていると言われています。 そもそも、結婚に対する意識が薄くなっているとも言えるのかもしれません。

その最大の理由は「子供はいらない」と考えている方が多くなったからかもしれません。かつて、20代半ば頃が「適齢期」と呼ばれていたのは子供を作るのに適した年齢であるという意味も含まれていました。ですが、子供を作る必要がないとなれば、年齢のことを気にする必要はありません。もっと言ってしまえば、結婚相手は子供のことも含めて、一緒に家庭を築く相手というよりも、それから先の人生を一緒に歩むためのパートナーといった考えが強くなっているのです。

なので、恋愛の初期の段階ではあまり結婚のことを考えることはなくなってきたのかもしれません。あくまで人生のパートナーとして考えるのであれば、じっくりと相手のことを見つめる必要があるのです。

◆結婚したくないわけではないものの…

このように、結婚に対する意識が薄くなってきたことから、男性の方から具体的に結婚の話を切り出されると、すこし引いてしまう女の子も少なくありません。 実は私もこれまでに何度か具体的な結婚の話をされたことがありました。ですが、私は正直、結婚に対する意識があまり強くありませんでしたので、はぐらかしてしまいました。そして、少しだけ相手との距離を置くようにしました。

もちろん、私も結婚したくないわけではありません。しかし、いざそれを目の前につきつけられてしまうと、思わず逃げ出したくなってしまうのです。 私と同じように感がている女の子も少なくありません。

一昔前であれば、結婚の話を切り出すことは女の子を口説く上で有効な手段だったようです。しかし、最近では逆効果になってしまうことも少なくありませんので注意すべきでしょう。 そもそも、男性側も本気でその人と結婚したい、と考えているのでなければ、その言葉を口にすべきではありません。

これは私に限った話ではなく、最近では結婚に対して消極的な女性が多くなってきています。もし、あなたが男性で、結婚をしたいと考えているのであれば、より真剣に相手を探した上で、もっと強くその気持ちを伝える必要があるかもしれません。 いずれにしても、私が結婚する日は当分先のことになってしまいまそうです。