HOME < 遊びセックス

ウソの愛情よりまっすぐな欲望を

まっすぐな欲望
一夜限りのパートナーが欲しいと思う男性は少なくないはずです。一方、女性も一度だけの関係を望む人は少なからず存在します。一回きりのセックスをと考えている相手に巡り合えれば都合がいいですが、そううまくはいかないものです。

しかし、交際を望んでいないのにも関わらず、愛の言葉を囁いてはいけません。相手があなたに好意を持っている場合、一度きりでは済まないでしょう。

◆一夜限りの恋に愛の言葉はいらない

一夜限りの恋 アルコールなどで女性がいつもよりも解放的になっているとき、一夜限りの恋は叶いやすいものです。わざと無防備に見せ、誘われたいと考えている女性は実は少なくありません。

もしお互い見知っている相手と一夜だけの関係をもちたいと考えているとき、愛の言葉を囁くのは厳禁です。あなたに好意をもってわざと無防備に見せ、口説かれるのを待っているかもしれません。そこで「好きだよ」なんて言葉をかけてしまえば相手の思うつぼです。既成事実を作ってしまえば、彼女の中ではもうお付き合いが始まったと考えるでしょう。

私も、気になる男性がいるときは酔ったふりをして相手に口説くよう仕向けます。そこで彼から好意のある言葉があればしめたもの。そうやって始まった恋も少なくありません。

しかし、逆に一夜限りの関係でいいと思っている男性から「好きなんだ」なんて言葉をかけられたら、絶対に関係は持たないことにしています。一晩だけの恋には、愛はないほうがいいのです。どちらかに好意があると、セックスが終わった後、面倒なことになりかねません。

極端にいえば、「好きなんだ」という嘘の言葉より、「エッチしたいんだけど」という正直な言葉のほうが、私は誠実に感じることがあります。言葉よりも先に、キスをするなどの既成事実を作ってしまいましょう。キスを嫌がらなければ、セックスへ誘導することも難しくないはずです。

◆「去り際は潔く」がスマート

とはいえ、女性は一夜だけの関係を結ぶのに抵抗がある場合が多いもの。お付き合いもしていないのにセックスをするというのは、はしたないことだと考えているのです。また、体だけの「都合の良い女」になりたくないと思っています。

行きずりで出会った相手の場合、お互いの連絡先は聞かないでその場を去るほうが良いでしょう。どうしてももう一度会いたければ、お互いの了承が必要です。どちらかがNOなら、二度と会わないほうが賢明でしょう。

相手が知人の場合、私は「これが最初で最後ね」と必ず伝えています。そこで相手に「また会おうよ」などと食い下がられたりすれば、関係を持ったことを後悔するでしょう。ワンナイトラブはお互いに気持ちがないほうが、割り切って楽しめるものです。

相手の気持ちが自分にあることを知りながら、それに付け入るように愛の言葉でセックスに持ち込めば、女性は交際を迫ってくるでしょう。関係を持っているにも関わらず、その申し出を断れば「最低男」のレッテルを貼られてしまいます。一夜限りの関係はお互い割り切った相手のほうが無難です。そのためにも、下手に「好きだ」という言葉は言わないようにしましょう。