HOME < 結婚したい男、したくない男 <家事ができすぎる男性

家事ができすぎる男性は嫌がられる?

色々な場面で男女平等となりつつある現在でも、やはり家事を担うのは女性がメイン、という家庭が多いようです。ですが共働き世帯など、上手に2人で家事を分担して行っている家庭も数多くあります。そのため、最近の男性には収入だけでなく家事をする能力も結婚相手の条件に付けくわえられることが多いのですが、できすぎる男性は逆に嫌われてしまうのだそう。それはどうしてなのでしょうか?

◆妻より家事ができる夫は、どうしてダメなのか

では、どうして家事ができすぎる男性は女性に嫌がられるのか。理由は割と単純で、多くの女性のプライドが許さないから。いくら男女平等、家事の分担といった考えが根付いても、日本で古くからおこなわれてきた家事は女性がする、という考えはなかなかなくなりません。そのため、本来家事をメインでするはずの自分より、夫の方が上手にできてしまうなんて、女としてのプライドが許さないのだそうです。

やはり女性は料理を作ってあげたり洗濯したりと家事をすることで夫につくし、支えているという満足感を求めます。そのため、男性が自分で料理も洗濯もできて、しかもそれが女性よりも上手なんてことになると、妻としての立場がなくなってしまうのです。もちろんなかには家事の負担が減って楽ちんだ、と考える女性もいますが、男性よりは家事を上手にこなしたいと思ってる女性の方が多いようですね。

家事はできても、女性よりは下手でいてほしい。女性の正直な気持ちをいってしまえば、このようになります。女心は、非常に複雑なようですね。

◆男性に求められるのは、家事に参加する姿勢

このように、男性が行う家事が完璧か、というのは女性にとってそこまで大きな問題ではありません。むしろ求められるのは、積極的に家事に参加する姿勢を見せること。どちらかの自宅でデートをしたならば、一緒に料理をしてくれたり片付けを手伝ってくれたり。そうした家事に積極的になろうとする姿勢を見せてくれると、女性は男性に「よき夫」になりそう、というイメージを持つのだそう。

もちろん結婚後もそういった姿勢を見せ続けることは大事ですが、結婚前に一切そういった素振りをみせないと、なかなか女性は結婚を意識しません。逆に、付き合いが短くても家庭的な雰囲気をところどころに出すことができると、結婚願望があまりなくとも女性は結婚したいという気持ちになりやすいということです。とくにある程度ひとり暮らしをしていて、家事の大変さや重要さをしっかりわかっている女性ほど、些細な仕草をしっかりと見ています。やはりよき夫にはよき妻になれるような女性が惹かれる、ということなのでしょうね。

最近は晩婚化とともに独身生活が長く、女性よりも断然効率よく、完璧に家事をこなせる男性が増えてきました。ですがその反面、自分と同じレベルを女性に求めることも多く、なかなか結婚まで至らないことが多いそうです。確かに理想は料理もできて、掃除や洗濯もばっちり、という女性ですが人には得手不得手があります。なかにはどんなに努力しても苦手、という女性もいますのであまり高い理想を追いかけないことも、女性に結婚したいと思わせる男性になる秘訣といえるのではないでしょうか。