HOME < いい男の飲み会テクニック

飲み会で確実に嫌われるダメ男のNG言動集

女性は常に「一番でありたい」と思っています。誤解のないようにいうと、好きな男性にとって一番大切な存在でいたい、そう考えています。仕事や趣味、食べ物やゲーム、アイドルやアニメキャラ、男性にとって楽しいものはたくさんありますが、それらすべてを押しのけて、女性は「好きな男の一番でいたい」と思っているのです。今回は飲み会テクニックというよりは、こんな行動には注意をしましょう、という内容をお届けします。

◆男とばかり話す人は好かれない

多人数の飲み会ともなれば、色々な人が来ます。きっと仲の良い同性の友達だって来ることでしょう。久々に会う人であったり、気の合う友人であればついつい話し込んでしまうのも仕方ありません。しかし、女性からすれば「男同士で話してばっかり」と悪い印象になってしまうのです。彼女たちの心理の中には「もし付き合ったら、友人付き合いばかり優先するのかな」という思いができてしまいます。自分が放って置かれてしまうという気持ちになり、悲しくなってしまうのです。飲み会では適度にみんなと平等に話すようにしましょう。

◆ビジネスマンは表裏一体

デキる男というのは女性から好印象となります。仕事をバリバリやる姿は誰から見てもやはりカッコイイものです。しかし飲み会の席でまで持ち出すのはいただけません。急な取引先との電話はまだいいとしても、パソコンを取り出したり書類を持ち込んだりするのはちょっとかっこ悪いと言えます。基本的に仕事は会社で済ませておくべきであり、プライベートにまで持ち込むべきではないのです。最初のうちは「仕事忙しいんだな」「頑張ってるんだな」と好意的にとってくれますが、毎回続くようだと「もしかして仕事できない人?」「お付き合いしても仕事を優先しそう」とマイナスイメージに取られてしまうでしょう。ビジネスマンを気取るのは恋愛において諸刃の剣であることを覚えておきましょう。

◆目移りしやすい人はモテるはずがない

好意を持っている男性に「こっちを見てほしい」「一番でいたい」と思うのが女性の心理です。多人数の飲み会であっても、せめて話している時は自分のことを見つめていてほしいと彼女たちは思っています。しかし、そんな乙女心を理解せずに、女性店員さんを指さして「あのこ可愛いね」「巨乳じゃない?」なんて言うのはご法度です。
男の場合、本当に気のある女性に対して素直になれない、そういう心理は確かにあります。照れ隠しのつもりで、他の女性を引き合いに出すことも実は少なくありません。ですが、女性はそんな男性の心理は理解できないのです。むしろ、その照れ隠しが誤解を招く結果になってしまうことでしょう。目移りしやすい男、と思われないためにもしっかりと女性と真正面に向きあうようにしましょう。