HOME < モテる男はイケメンにあらず <魅力的に感じる男らしさ

女性が魅力的に感じる男らしさって?

女性はやはり、男らしい頼りがいのある男性が好きです。でも、女性が求める男らしさと男性が思う男らしさが必ずしも同じとは限りません。では、女性が「男らしい」と思うのは、どんなことなのでしょうか?

◆男らしさ、勘違いしていませんか?

男らしい男性、といえばイメージ的には筋肉隆々で頼りがいのある男性でしょうか?それともとにかく俺についてこい、というような昭和的な男性でしょうか?どちらも男らしいといえば男らしいでね。ですが、こういった男らしさは加減しないと逆効果になってしまいます。

たとえば体格ばかりに気を使ってしまい、なにかにつけて筋トレだプロテインだという会話ばかりになってしまう。確かに見た目はとても男らしいのかもしれませんが、内面に魅力を感じることができません。女性にとって筋肉にばかり気をつかう男性、ナルシストとうつるでしょう。そして俺についてこい、俺が絶対だ、という男性。ここぞ、というときにそういった面を見せてくれれば頼りがいがあるのでしょうが、終始そういった態度では正直ただの暴君です。気遣いのできない自分勝手な人、とうつるでしょう。

このように、一見男らしくみせるのは簡単なようで、意外と難しいもの。それでも女性は男らしい男性が好き。では、どうしたらいいのでしょうか?

◆「男らしさ」はさり気なさでアピール

女性が男らしさを感じるポイントは、意外とベタなことが多いです。たとえば女の子扱いしてくれる、と感じさせる仕草だけでも意外と女性は「男らしいな」と感じるそうです。

道を歩いているときにさり気なく車道側を歩いてくれたり、荷物を持ってくれたり。またはドアをあけてくれたりといった、本当に日常の些細なことです。そんなこと?と思うかもしれませんが、意外とこうした気遣いをずっとできる男性というのは少ないのだそう。付き合う前や付き合った当初は当たり前のようにできていても、付き合いが長くなるにつれ、少しずつそうした気遣いが少なくなってくる男性が圧倒的なんだそうです。なかには逆に自分の荷物をもたせるような男性までいるそうですよ。

どんなに長く付き合っていても女性はいつまでも女性として扱ってほしいもの。男らしさを意識するよりも、付き合った当初の気持ちを忘れないことが大切なようですね。そしてそうした気遣いが長くできる男性、というのは恋人だけでなく誰にでも同じように気遣いができることが多いそうです。

そのため恋人以外の異性だけでなく同性からの評価も高く、誰からも好かれるようですね。そうしたスマートな気遣いができるようになると、必然的に女性からもモテるようになるのではないでしょうか。ですがどうしても性格上、難しいこともあるはず。その場合はまず自分が気付いたときだけでも、ちょっとした気遣いができるように心がけてみてください。何人かで会話しているときにひとりとけこめず、少し離れた場所にいる人を見つけたら声をかけてみるなど、まずは自分の目につく人に気づかいできるように頑張ってみましょう。

そして人に気をつかうためには、自分に余裕がないといけません。ストレスをためないように小まめにリフレッシュする、睡眠や食事をしっかりとって体力や気力を充実させておきましょう。また、自分に余裕がないな、と感じたら無理に気遣いをしようとしないことも大事です。自分に余裕がないとどうしても相手に見返りを求めてしまいがちになり、さらなるストレスをためる原因にもなりやすくなります。そんなときは難しく考えず、恋人や家族など、信頼できる人に頼るのもいいですね。

男らしさとは人それぞれですが、根本にあるのは相手を思いやる気持ちです。自分にしっかり余裕をもち、つねにスマートに気遣いができる男性をぜひ目指してください。